忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[76]  [74]  [73]  [72]  [71]  [69]  [70]  [68]  [67]  [65]  [66
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保育園の入園申し込みがそろそろ始まる。
にあたって、この時期、見学や園開放をしているところが多い。
ということを、友人のブログを読んでいて思い出した。

私のところは園解放はほとんど夏祭りで7月中、
運動会で来入園予定児童の参加行事で園の名前入りの用紙が配布される。
都会はちょっと遅いのかな?
それとも友人が?

この時期何をしていたかなーと思えば、もちろん入園用紙を記入したりしたし、
ファミリーサポートへの申し込みをしたりしていた。

我が家は近くに親戚も、実家もない。
入園できないと、本当に困る。
そして、どうしても第一希望で希望している園でないと困る理由もあった。

私が送っていくとなると、7時前からやっている園が必要→そんなところはない。
つまり、旦那が送っていけないといけない。
そして、延長内の時間で私が迎えにいけないといけない。
そう考えると、私の勤務先が遠くて始業時間が早いばっかりに、
第一希望で出した園しかどう考えても不可能だった。

それは産む前からわかっていたこと。
だから、妊娠中から市役所にはせっせと通い詰めた。
産まれてからも支所で済むようなことも、子どもを連れて
「夫婦2人でしか見れませんから・・・」ということをアピールするわけではないが、
通い続けた。

園を決めてからは、その園が子育て支援センターもかねていたので(職員は園の先生)
センターにもせっせと通った。

書類提出前には入園時期の相談にも行った。
(我が家は5月生まれ。慣らし保育を考えると4月入園でもいいし、途中入園でもいいという融通が利いたのがラッキーだった)

田舎のくせに、第一希望の園は人気園。
0歳児は枠がまあまああるけど、1歳はほぼない。
→0歳児から入れることに
が、結果として4月入園枠はいっぱいだった。
 →4月15日入園で途中枠  ということにしてもらった。
 (近くにでかいマンションや住宅地があるので、枠を設けるよう、市から指導があるんだそうだ。
それも埋まる日は近い)

そして書類にはすごい内容を詳しく、保育園に入らないといかに厳しいか。ということを長々書いた。
別紙資料は付けたっけかな・・・それは覚えていないけど。

知り合いのアエラの編集長さんはもっとすごかった。
浜田敬子さんの2007年3月のブログです。
http://www.aera-net.jp/column/2007/03/

でも、それって何かおかしい・・・
働きたいけど働けない、
働けない社会が現実にあることが・・・
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 感謝 HOME 仕事の服装 >>
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]