忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [172
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に、え?
と思ったわけで…

大人なので、自分が正しいと思っている人と議論を交わす気は全くないです。
その点ではすみません。


あのね、時間は流れているし、時代は変わってるんです。

子どもといる時間が短すぎる。
子どもと遊んでない。
子どもの行動は危険信号だしている。
お母さんはやってるつもりかもしれないけど、子どもはそう思ってない。

いやいや、そうかもしれないけど、
それこそ子どもがどう思うかなんてわからないわけで。

子どもによっても、親との必要時間違うでしょ?
一概に帰宅してからの遊び時間は○時間、とか、決められなくない?と思ったり。

それに第一、そんな余裕ないし、
働く母親の子どもはみんな愛情が足りない、
みたいに言われてもさ。

シングルマザーでしっかり育てている人もいるわけだし。

父親は母親のかわりはできない、
だから母親が子どものことを最優先させて、
子どもとの時間とらないと。

それも理解できる部分もあるけど、
家族のあり方が変化してるなかで、
うちのような家はダメだと生活のあり方そのものを否定されてもさ。

母親の休日、自分の時間があってもいいんじゃない?
子どもがいる母は、子どもが最優先じゃないと、子どもが問題児になるわけ?

すごく働いていたときがあった事実は認めるけど、実際の子育て中が専業主婦。
祖父母のフォローもあり。
その子育て論を言われても、全部を否定する気はないけど、なんかね…

私は働くお母さんを応援したいと思っているので、
いろんな家庭があることを考えて発言したいと思うし、
ただでさえ、働くお母さんはいろんな意味で引け目を感じているんだから、
そのお母さんを応援していける人になりたいです。

いろんな人がいろいろ言うのは慣れてるし、
聞く耳を持っていないわけではないけど、
それで自分をかき乱されたくないので、マイペース維持。
すみません。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]