忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に、え?
と思ったわけで…

大人なので、自分が正しいと思っている人と議論を交わす気は全くないです。
その点ではすみません。


あのね、時間は流れているし、時代は変わってるんです。

子どもといる時間が短すぎる。
子どもと遊んでない。
子どもの行動は危険信号だしている。
お母さんはやってるつもりかもしれないけど、子どもはそう思ってない。

いやいや、そうかもしれないけど、
それこそ子どもがどう思うかなんてわからないわけで。

子どもによっても、親との必要時間違うでしょ?
一概に帰宅してからの遊び時間は○時間、とか、決められなくない?と思ったり。

それに第一、そんな余裕ないし、
働く母親の子どもはみんな愛情が足りない、
みたいに言われてもさ。

シングルマザーでしっかり育てている人もいるわけだし。

父親は母親のかわりはできない、
だから母親が子どものことを最優先させて、
子どもとの時間とらないと。

それも理解できる部分もあるけど、
家族のあり方が変化してるなかで、
うちのような家はダメだと生活のあり方そのものを否定されてもさ。

母親の休日、自分の時間があってもいいんじゃない?
子どもがいる母は、子どもが最優先じゃないと、子どもが問題児になるわけ?

すごく働いていたときがあった事実は認めるけど、実際の子育て中が専業主婦。
祖父母のフォローもあり。
その子育て論を言われても、全部を否定する気はないけど、なんかね…

私は働くお母さんを応援したいと思っているので、
いろんな家庭があることを考えて発言したいと思うし、
ただでさえ、働くお母さんはいろんな意味で引け目を感じているんだから、
そのお母さんを応援していける人になりたいです。

いろんな人がいろいろ言うのは慣れてるし、
聞く耳を持っていないわけではないけど、
それで自分をかき乱されたくないので、マイペース維持。
すみません。

PR

今朝一のメール。
産休前からずっとサポートしてきた子の退職届。
本人が出した答えだから、それは仕方ない。

今日は採用面接終わって、保育園から電話。
子供は忙しい時に限って、熱を出す。。。
それは仕方ない。

「帰らせてください」
と言って、みんなが「お大事に~」と言ってくれる環境がとても嬉しく思う。
(本来はダメなんだろうけど)
仕事を持ち帰ることも何も言わない環境をありがたいと思う。

現実、他の総合職の女性は、夜遅くまで働いてる。
でも、私は遅い日もあるけれども、基本的には定時に上がる。
それ以降の問い合わせなどは、みんなが対応してくれている。

休むことになっても、他の人に対応してもらう時でも、
いつも誰かが何とかできるようになるべくのことはしているつもり。
締め切りのあるものは3日前には8割以上仕上げてある。
だから、みんな何も言わないのは 少しはあると思う。

少ない時間で以下に効率よく仕事をするか。
ワーキングマザーになって学んだこと。

いつも会社に居る時間が少なくて、「すみません」と言っている私に
上司も、その上司も みんなが
「やることやっているからいいんだよ。気にすることないよ」
と言ってくれる環境に感謝。

==========

「あまり器用な感じではなかったからね。
復帰するとしたら、配置や仕事の仕方、
考えないといけないと思っていたところだったからね。」

復帰を前提に、みんなが動いていたことは確か。
でも、本人が出した答えなら、仕方がない。
周りを巻き込んで仕事を進めることの大変さは、私もわかるから。

信者だったんだね~
という隣の先輩の表現が面白くて。。。

3歳児神話 はまだまだ根深い。
特に、田舎、特に年配の方ほど傾向が強い。
外野は本当に、いろいろなことを言ってくれる。
全部無視して自分の考えで突き進めるほど
人は強くない。


■仕事を続けても 女は悩む■
子供の急病での仕事のやりくり。
毎日の家事、育児と仕事の両立。
周囲からの様々な声。
負担が大きいのは、間違いなく女だろう。
。。。。。

■仕事を辞めても 女は悩む■
違う人生があったのではないか。
同じ仕事や やりたい仕事に戻るのは容易なことではない。
経済的にもっと余裕があったら。
。。。。。

==============

育児休暇からの復帰を悩んでいる子とのメールのやりとり。
復帰を待っている(グループ会社の)上司と総務の方とのやりとり。

自分の中で一度結論が出たけど、上司のアドバイスでまた考え始めたというのが正確なところか。

一度辞めてしまうと正社員として働くのは難しいから、一度復帰してみてやっていく中で考えればいいじゃない。
保育園の手続きなどがあるなら、その期間の対応はできるよ。
いつから戻ってくるかだけわかれば、大丈夫だから。
と、超ありがたい対応。

でも、決めるのは その子 にしかできない。
話を聞いたり、アドバイスはできても、変わることはできない。


自分自身も仕事復帰してすごく苦労したし、今もそれは同じだと思う。
いろんなことを言われたし、これからも言われるんだと思う。
いくら増えてきたと言っても、それはまだまだ都会だったり、大企業での話。
この仕事、この担当をしている限り、今までいろんな人を見てきたし、これからも見ていくんだと思う。
人にはいろいろなことをアドバイスしたりするけれども、私は母親としてはいい母親ではない。それは確実だけど。

私の対応は会社として、人事としてはNGかもしれない。
今は結論を待つしかできないけれども、「今もこれからも、社員であってもなくても、私には関係ないからね。」と伝えられたことは自己満足ながらの成果。
私には選択肢がなかったから、悩めることが羨ましいと思った。

あぁ、そうきたか。って感じでつい先日のメール。

他のところからの情報があったりで、
遅かれ早かれ連絡が来るだろうなぁ~とは思っていたけど、
そうきたか。というのが第一印象。

両親などが近くにいなくて、頼ることができないのがわかっているので会社が配慮した。
結果として含み残業が出なくなるから減給になる。
自分はもっと仕事したい、
残業できないのは自分に能力がないから仕方ないにしても、
減給=会社はいらない と捉えてしまったらしく、
おいおい、上司ももっと気を遣って説明してよ~と思ったりしたわけで。。。
(いや、正確に言うと、ちゃんと説明しただろうから、上司も悪くない)

でも、ま、そんな時のために私がいるわけだからさ。

『今は確かに減給になるかもしれない。
でも、残業しなくていいように、会社が配慮したって考え方もあると思うよ。
他の総合職の人は給料変わりに残業や責任もあるし、
その分の延長料金やシッター代は個人負担なのは当たり前。

今は何かあったときに気兼ねなく休める状態、
きちんと働けるようになったら、また前のような仕事に、
って考えたほうが、私はいいと思うよ。

周囲に迷惑かけているのは、私も含めて事実なんだから、
いれる状態を考えてもらえていることに感謝したほうがいいと思うな。 』

我ながらストレートに言ったなぁと感心します(笑)
だって、お昼休みで時間なかったんだもん。。。

まあ、結果として「はっきり言ってくれてありがとうございました」だったので、
よかったよかった。

仕事と育児、両立する上では、いろいろなストレスがかかる。
もちろんそれは仕事だけじゃなくて、家庭や、義父義母、ご近所、保育園などなど。
私が体験してきて、田舎ならではのこともすっごくある。
まだまだワーキングマザーは肩身が狭い。

そんな時に、ちょっと愚痴を言えるような人でありたい、
そんな関係を築いておきたい と思う。
まだまだ私は精進中。

===========
気がついたら半年経過していました。。。汗

何のために働くのか
何のために家族を持つのか
何を生きがいにするのか

今の私には難しいな。。。

今日の日経オンライン、アジアの合計特殊出産率、
日本もたしかに低いけど、
育児事情が整っていても日本以上に低い国がある実情。

みんな何のために子供を産み、育てるの?

そんなことを考えた記事でした。

=================
 

止まらぬアジア少子化

「一人っ子」撤廃も効果薄

 朝の香港、孫の手を引き、学校や幼稚園に連れていく祖父母の姿をよく目にする。親と同居、または近所に住んでいることが多い香港の子育て世帯は、支援の手に恵まれている。

 加えて、毎月4万円程度で雇うことができるフィリピンやインドネシアなどからの外国人ヘルパーに世話を任せるのも一般的。夫婦共働きが当たり前で、ビジネスの世界での女性の存在感は大きい。出産や子育てによるキャリア上の不利益はほとんどないようだ。

 核家族が多く、待機児童の問題などが深刻な日本とは対照的に「育児天国」に見える香港。しかし、その合計特殊出生率は1.04(2009年)と極めて低く、同じ年に1.37だった日本を大幅に下回る。経済成長が続き可処分所得が増え、子育ての環境が整っているにもかかわらず、だ。多くの先進国と同様、非婚・晩婚化が最大の原因となっている。

 台湾も深刻だ。2010年の合計特殊出生率は0.91と過去最低を更新し、世界最低水準となった。来年から新たな育児手当の支給が準備されるなど、少子化対策が政策面での大きな課題となっている。そのほか、シンガポールの1.16(2010年)など、日本より少子化が進んでいる国があることが分かる。

 一般的に、人口維持には2.08以上の合計特殊出生率が必要だとされる。アジアでその水準を上回る主な国は、フィリピンやインド、インドネシアなどがあるが、それらは一方で貧困問題に絡んだ人口抑制の課題に直面している。そのほかの大半の国が、急速な少子化に危機感を抱いている。

 一口にアジアと言っても宗教や社会背景などが多様で、少子化の原因は様々だが、共通点もある。

 まず急速な経済発展だ。経済成長による産業の高度化で、女性の社会進出が進み、それが非婚・晩婚率を高める。日本や欧米諸国が経験したパターンが猛スピードで再現されている。

500.jpg








住宅コストの高騰も原因に

 

 さらにアジア独自の要因として、生活コストの急上昇もある。収入は増えても、インフレによって生活コストが膨らめば心理的な余裕は生まれない。

 特にアジアの各都市で進む不動産価格の高騰は、多くの子供と生活するのに十分な住環境を確保することを難しくさせている。海外留学させるなど、子供を熾烈な生存競争に勝ち抜かせるための教育費も負担になる。

 こうしたアジアのトレンドから見ると、今後注目されるのが2015年前後に労働人口が減少に転じると見られている中国の「一人っ子政策」の見直しだ。

 この7月、中国で最も人口の多い広東省が中央政府に一人っ子政策の緩和を要求したとの報道が話題を集めた。

 現在、原則として一人っ子同士の夫婦に限り2人目の子供が認められている。広東省は、それを夫婦のどちらかが一人っ子の場合にも適用することを求めたという。このように、中国では一人っ子政策の撤廃は少子高齢化に対する「切り札」として位置づけられる。

 ただ、人口制限がない香港で極端な少子化が進んでいるという現実がある。住宅価格の高騰や、大学生の就職率の低さなど中国の構造的な問題が解決されなければ、その切り札の効果は限定的なものになるだろう。

 アジアではないが、ロシアは6月、3人以上の子供を持つ家庭に無償で土地を提供する異例とも言える法案を成立させた。少子化に歯止めをかけるには、日本の子ども手当のような“広く薄く”の子育て支援よりも、多くの子供を持つ世帯に大胆に財源を配分する「子だくさんが得をする」システムが必要なのかもしれない。

日経ビジネス 2011年8月8-15日合併号124ページより

職場で自分の状況をオープンにする
子育て中という自分の状況を職場に周知し、理解を求めている人、 「保育所のお迎え」など
の子育てに関わる予定をオープンにしている人など、それぞれです。
どのようなやり方が良いかは職場にもよると思いますが、周囲の理解を得られるような工夫
を考えてみてください。

仕事に支障がないよう段取りを上手に整える
早く帰ったり休んだりしても仕事に支障がないように、仕事の段取りを整えることが重要で
す。抜け・もれがなく着実な仕事ぶりで周囲に安心感を与えることができれば、あなたの支援
者、理解者は増えていくはずです。

日頃からお互いさまの信頼関係を築いておく
日頃からチーム内で助け合うなど、信頼関係を築いておくことも大切です。これからの時代、
子育てに限らず、家族の介護や自分自身の健康、仕事以外の活動など、お互いのワーク・ライ
フ・バランスを尊重していく姿勢が何よりも大切になります。

時間当たりの生産性を高める努力をする
自分の仕事の目標達成ができるよう、時間当たりの生産性を高める努力をすることが大切で
す。

H22年度 父親のワーク・ライフ・バランスハンドブックより)
<セクハラ>労災認定の基準見直しへ 事例も示す;厚労省 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110623-00000077-mai-soci

厚生労働省は23日、セクシュアルハラスメント(セクハラ)による精神疾患を労災認定に結びつけやすくするよう、認定基準を見直す方針を決めた。同省は職場での「心理的負荷」について、セクハラに関してはストレス強度(1~3の3段階)を一律「2」(中程度)と評価しており、特別な事情がない限り労災と認めていない。このため年内にも基準を見直し、継続的な身体接触など悪質事例は最も強い「3」とするよう改める。同日、厚労省の有識者検討会が見直し案をまとめた。

◆今回の見直しでのストレス強度を「3」とする例◆

▽強姦や本人の意思を抑圧してのわいせつ行為

▽胸や腰などへの身体接触を含むセクハラが継続して行われた

▽身体接触を含むセクハラで、継続していないが会社に相談しても適切な対応がなく、改善されなかった。または会社へ相談後、職場の人間関係が悪化した

▽性的な発言のみだが、人格を否定するような内容を含み、かつ継続してなされた

▽性的な発言が継続してなされ、かつ会社がセクハラを把握しても対応がなく、改善されなかった

仕事の進め方、時間管理を工夫することも重要です。
「先輩パパ」たちは、このように時間管理を工夫していました。

段取り、スケジューリングを細かく考える
達成すべき目標に向けて、どこでどのくらいの時間をかけて、どんな業務を行うかということを常に意識して仕事を進めることが大切です。

優先順位を考える
今やらなければならない仕事、後でもよい仕事を分けて考えます。優先度の低い仕事は「やらない」という割り切りも必要です。

上司や同僚、部下や後輩に任せるべきことは任せる
必要に応じて業務分担を見直してもらうなど、仕事を上司・同僚・後輩・部下に任せられる部分は任せる場面も出てくるでしょう。仕事を任せて、自分自身の時間を作り出すとともに、部下・後輩の育成に努めることも大切です。
 
出勤してすぐに仕事に取り組めるようにする
前日や朝の通勤時間に、今日やることをリストアップしたり段取りを考えておくと、出勤してすぐに仕事に取り組むことができます。

前倒しを意識する
前倒しを意識して、仕事を進めておくと、急な用事や突発事項が起きた時も、あわてずに済みます。

チーム内での情報共有に努め、自分にしかわからないという業務をできるだけ作らない
自分にしかわからない業務を抱えてしまうと、結局「自分がいなくては回らない」ということになってしまいます。

残業する日には、集中的にやるべきことをやってしまう
いくら仕事を効率的に進めるといっても、仕事が片付かないことは誰でもあります。残業できる日には、集中的に仕事をして、メリハリをつけてやることも必要です。

早起きして時間を作る
今までの生活を見直して、朝は早起きして家族のために時間を作り、夜は仕事に打ち込むという方法もあります。時間の作り方は、朝の時間の中にヒントがあるかもしれません。

仕事と家庭のすべてを計画の中に組み込む
家庭の用事も、仕事の予定と同じくらい優先順位の高い事項として考えるくらいの姿勢が必要です。仕事と家庭、すべてを計画の中に組み込んでしまうのです。

H22年度 父親のワーク・ライフ・バランスハンドブックより)
妊娠・出産・子育てを通じて、夫婦で話し合って、チームプレーでやっていくことが基本。
とはいえ、いろいろな人の力を借りたり、公的サービスをうまく活用することも必要です。
子育ては、 「抱え込まない」 「閉じこもらない」がポイントです。

祖父母や兄弟姉妹の力を借りる
子育ての応援、悩み相談など最も頼りにできる存在です。

近所に「パパ友・ママ友」を増やす
家族で一緒に遊んだり、何かの時に助け合ったり、不安や悩みを共有したり、子育てを楽し
むための貴重な存在です。また、近隣の地域の子育てサークルや子育てひろばなどへ参加すれ
ば、子育てに関する情報交換ができます。

必要な時に子育てサポートをしてくれる機関を利用する
ベビーシッター、ファミリー・サポート・センター、民間の互助活動(地域の子育て支援グ
ループやボランティア団体など)など、仕事や趣味、ちょっとゆっくりしたい時など、日常的
に利用できる機関があると安心です。特に共働きの場合は、近隣に病児・病後児保育を行って
いる施設があるかどうかも、確認しておきましょう。

保育所・幼稚園と一緒に子育て
先生たちは、子どものことをよくわかっているし、成長を一緒に喜んでくれます。保護者の
相談にのったり、アドバイスをしてくれたり、とても頼れる存在です。

周囲の人に相談しにくい不安や悩みは、専門の相談機関を利用する
子どもの成長や発育に関する不安、病気や心の問題、親としての不安や悩みなど、いろいろ
あると思います。公的機関、民間組織など、いろいろな相談機関があります。

H22年度 父親のワーク・ライフ・バランスハンドブックより)
○子どもの成長・発達について他の子と比較したりして過敏にならない
(子どもの成長・発達には個人差があります)
・子どもの成長や発達に関して気にしすぎないように配慮することが大切です。

○月齢や年齢に応じた子どもの安全の確保、健康管理に気を付ける

○乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)に気を付ける
・赤ちゃんや小さな子どもは、激しく揺さぶられたり、たたかれたりするような大きな衝撃
を与えられると、身体(特に脳や視神経)が損傷を受け、重大な障害が残ったり死亡する
こともあります。絶対にしないでください。

○月齢や年齢に応じた遊びやしつけをする、基本的な生活習慣を身に付ける

○お稽古事や学習塾など、子どもの個性や気持ちをよく考える
・妻と十分に話し合いましょう。
・子どもが意思表示できるようになったら、子どもの気持ちもよく聞きましょう。

○妻と話し合って、家事・育児を分担する
(やっているつもりでも、妻から見たらまだまだということも…)
・お互いの得意分野や生活時間・仕事時間を考えて、 柔軟に考えましょう。

○妻の精神的なサポートをする
・子育てについて、日頃から妻と話をしましょう。

H22年度 父親のワーク・ライフ・バランスハンドブックより)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]