忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[69]  [70]  [68]  [67]  [65]  [66]  [64]  [63]  [62]  [60]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

正社員と派遣さん、私は実際に行う業務や、裁量は違うと思う。
同じであるならば、対価や福利厚生も同じはずだから。
正社員は正社員の責任があり、派遣さんは派遣さんの責任があると思うから。

かといって、どっちが偉いというわけではないし、どっちができるというわけではない。

そして、正社員の中でも総合職と一般職で分けられている場合、業務や裁量も分けられていないとおかしいと思う。

-------------------

前の会社で派遣さんや一般職の人に仕事をお願いすることは多々あったし、
今の会社でも派遣さんに仕事を一部引き継いだことがある。

前の会社は 
正社員の職務→仕事の企画(目的・構成・仕事割り振り)
派遣さんの職務→実務
という感じだった。

なので、実務に関してははっきり言って
派遣さんや一般職のほうがプロフェッショナル。
でも、仕事の企画をするので、正社員は理屈とか、
今の世の中でできることは把握していて、
それを構成して実務をやってもらうという感じだった。

だから、細かいところは正社員はわからないから
(というより、実際作業している中で出てくるから)
派遣さんは自分で調べて、自分なりの考えを出して、
それで相談に来てくれていた。

最終判断は正社員と決められているけれども、
その判断ができるように資料もそろえてくるし、
ある程度判断できるようになった状態で持ってくるし、
それに自分の考えも持ってくる。

派遣さんは正社員が忙しいのは知っているから、
1回の打ち合わせが短くて、効率的に済むようにしてくれていた。
だから、ちょっと判断が難しいこととかは
「目を通しておいてください」と先にいわれるし、
イチイチ、「これはどうしますか?」と言われることもなかった。
「こうしたほうがいいと思います」とか、
「こうしたほうがいいと思ったので作ってみましたが、判断してもらえますか?」とか。

それは派遣さんだけではなかった。
一般職の人もそうだったし、
仕事している人みんなそうだし、協力会社もそうだし。
忙しいからこそ、どうやったらできるか、を知っているから
成長している会社は回るんだと今なら思う。

そのときだけの仕事をこなせばいい という仕事をしている人がいなかった。
というより、そういう人には務まらない職場だったと思う。

仕事は質より量じゃない。

本当にそれは必要なことなのか、
自分が実務をするならどうするのが効率がいいのか(誰かに仕事を割り振ったりすることも含めて)
自分である程度考えて結論を出してからから提案、
そしてまわりを動かして業務遂行するのが正社員の仕事だと思うから。

-------------------

以前に、派遣で働いている友人が言っていた。
「技術の派遣は正社員よりプライドが高いのよ」と。
だから、それだけの仕事をする、と。

私が今までお世話になった派遣さんは事務系の人ばかりだったけど、
それでも、みんな 言ってみれば正社員より仕事をしていた。
仕事の進め方を知っていた。

正社員で甘んじている人のほうが、よっぽど厄介だ。

------------

そう思うと、私が今やっている仕事は派遣さんだな・・・
しかも新人の・・・

なのに、評価が高いのは私からすると とてもナゾ
でもそれが田舎の中小の会社の実情
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]