忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[65]  [66]  [64]  [63]  [62]  [60]  [61]  [59]  [58]  [57]  [56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://www.cocokarada.jp/medicine/rx/2590004F1192/index.html

昨日薬をもらいに行けたので、薬を飲み始めました。
薬のパッケージに「妊婦専用」「切迫流・早産治療剤」としっかり書いてあるので、すごい薬だなーと思って少し調べてみました。

夜、すっごい動悸がドキドキして、なんで?なんで?寝れなくて焦っているから?と思っていたら、薬の副作用のようです。
あと、今すっごい気持ち悪いんですけど・・・

副作用:一般的に、動悸とかめまいとか手の震え。
     胎児に頻脈、不整脈が起こることがある。また、新生児に腸閉塞、頻脈、低血糖症があらわれることがある。

この薬の内服薬(錠剤)は日本でしか認可されていないそう。
(点滴は海外でも許可されているけど)

そして、現在は子宮頚管長や絨毛羊膜炎の概念が浸透しており、必要な症例以外に投与されることはあまりない らしいけど、え?結構簡単に処方されましたけど・・・
触診でお腹が張ってて、ずっと腹痛が続いていて、仕事をしているからかな?

調べていたらブログの中のコメントに下記のようなものがありました。

「うちは30週からウテメリンを開始しましたが 早産で未熟児となり自分で呼吸もできない 状態で生命維持装置をつけるより 薬の投与のほうが子供の為と思いました。 薬の副作用は論議がありますが、早産で未熟児 ならば赤ちゃんが苦しむのは分かりきった事 ですから。」

薬飲むのは嫌だけど、そうだよね・・・
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]