忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕事をしていてうれしいこと
 
それはやっぱり褒められたり、認められたとき。
今の会社に来てまだ1週間だけど、とりあえず1つの仕事の私の担当分が終わった。
 
「最終責任者が 『風音さんに手伝ってもらったら?』と言ったときは
来て初日だったし 最初は無理だろうと思っていたけど、
たった数日で内容を理解し、
ポイントをおさえて相手に伝える方法で
時間意識を持ってスピーディにやってもらったことに 本当に感謝している。
協力があったから、ここまでできた。」
と言ってもらえた。
さらには
「この会社にこんなに優秀な人がいたんだ と思った。」とも。
 
それは言いすぎだとしても、今回の勝因は単純に
「協力をもらえたこと」
「たたき台になるような資料、書類が膨大にあったこと」だ。
量はあったが、読み込みながらまとめていったので比較的作業しやすかった。
その進め方がうまくいっただけのこと。
まわりの協力がうまくいかない(納期遅れなど)とそれだけで仕事がうまくまわらなくなるが、
まわりの協力もかなりうまくいったからのこと。
 
その時に、今回の仕事の責任者が言っていたこと。
「上司は部下に仕事を依頼するときに、完璧は求めていない。
 2/3、もしくは1/2使えればいいと思ってる。
 あとは上司が何とかするんだから、とにかく早く何らかのアクションが欲しい。と思っている。
 スピーディに対応し、進捗を報告し、相談しながら進められる人が少ない。」と。
 
私はたぶん、「うるさい!」と言われるくらい、「ほうれんそう」をする方だと思う。
でも、それは危機管理の部分もあるし、情報共有もできるし、結果的に、そのほうが早く仕事が進むからだ。
それにはもちろん、何も考えないで 「どうしますか?どうしますか?」ではなく、
「こう考えていますが、どうでしょうか?このように進めていっていいですか?」とスケジュール・お金の目安も合わせて相談する。
上司も部下もそうだけれども 「ほうれんそう」ができない人=仕事のできない人 と思っているから。
 
そして、「ほうれんそう」の大事さは家庭でも同じだと思っているから。

     >> blog Ranking 応援してくれると嬉しいです
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< いいわけ HOME 浮気 >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]