忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今までのブログがあるのにこのブログを新しく作ったときに、ちょっとだけ考えたことがあった。

今までのものはただの日記。
手元の日記帳に書いているものと全く同じ内容をただネットで公開しているだけだった。
これで何がしたいのか?
そう思いながら書き続けていた。

その他のサービスでも私はブログを数個持っているが、
どういう使い分けをしたいのか、はっきりと考えて作ったわけではなかった。

今回の一件があって、それらを見直すいい機会になった。
一つは日記のまま残すこと(ダミーとしても含めて)
一つは自分の考えを言っていくこと

人にはいろいろな生き方があると思うけれども、
人から言われたことをやり、考えることをしなくても平気な人 と そうでない人がいると思う。
仕事において言えば、言い方は悪いが
誰でもできる仕事を 決められた時間、ただこなせばいいというタイプの人と
考えたりすることで何かを創造していきたくなる人とか。

私は間違いなく、「考えないこと」というのはできないタイプの人間だと思う。
ルーチンワークであっても、「もっといい方法がないか」「もっと有益なことはないか」考えてしまう。
そして、言わなければいいものを、提案までしてしまう。
それが言いか悪いかは別として(仕事が増えるので、そういった点ではいつも反省しているが)
「考えること」がなくなったら、大きく言ってしまうと、
私は生きていること事態も放棄しているように思ってしまう。

昨日、昔の日記を読んだら、新部署に配属になったときに
「最近考えることをしていないと思う。常に『自分の頭で考えること』は忘れないようにしたい」
といった内容が書いてあった。

時には流されるときもあると思う。
けれども、流されるには流される理由があるのであって、
何も考えないでただ時間を過ごすのは違うと思う。
自分はどう思うのか?
自分なりの『考えるという感覚』は常に磨いておきたいものだと思う。

     >> blog Ranking ← 応援してくれると嬉しいです
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]