忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [28]  [29]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「家事ができる旦那はいいね」と、私はよく言われるが、
私から言わせてもらえば、「それはできてあたりまえじゃないの?」が本音。

自分のことくらいできなくて、どうやって生活するの?
人を頼らないと生きていけないの?
と、結論的にはそう思う。

そして、私はその価値観には否定的だ。
自分のことくらい自分でできない人に、一人前とはいえない。
どんなに名声があっても、どんなに稼いでいても、「それはあなた一人でできたことではないでしょう?サポートしてくれる人がいたからできたことでしょう?」と思う。

できるのにやらない人に関しては、仕方がない場合を除き、「やる気がない」と見る。
本当にやる必要があるなら、やっているはずだからだ。
誰かがやってくれる→自分はやる必要がない→やらない のスパイラル。

そんなことを思っているからか、私が今まで付き合った人に料理ができなかった人もいないし、家事ができない人もいない。
もっと言ってしまえば、たぶん、今の夫(※出会ったころの話だけど)が一番できないくらいかもしれない。

---------------------------------------------

世の中の「旦那がなにも手伝ってくれなくて・・・」と愚痴を言っている奥さん、
本当にそう思っているなら、自分はどうですか?
旦那ができるようになるような工夫や努力を自分はしていますか?

はじめはだれでも、最初からうまくできるはずありません。
時間もかかります。
それに対して文句を言ったりしませんか?
今自分(奥さん)が家事ができるのは、単に、数と量をこなしてきたから、それだけのことです。

「自分がやったほうが早いから」
そう思っている人は、だったら「旦那がなにも手伝ってくれなくて・・・」と愚痴を言うのはやめましょう。
ずっと自分がしていればいいだけのことだからです。

本当に手伝ってほしいのなら、奥さんのほうが1歩も2歩も上手を行かないといけません。

自分と同じにできるようになるまでは時間もかかるでしょう。
手伝ってもらって自分なら5分でできるのを、旦那は15分かかった。
でも、自分の5分が手が空いたなら、最初はそれでいいんじゃないですか?
そのうち10分でできるようになり、5分でできるようになり、もしかしたら3分できるようになるかもしれません。

-----------------------------------------------------------------------

「自分だけが大変な思いをしている」

そう思うのは簡単だし、愚痴や文句を言うのはもっと簡単です。

それをどう変えていくのか、のほうが大事なはずです。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]