忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 完璧主義な人ほど、今まで自分で何とかできてきた人ほど、「手伝って」を言うことが苦手のように思います。でも、「手伝って」と言うことは決して恥ずかしいことではありません。一人でやるより二人の方が早いし、いい考えが出てくるのは明確な事実だから。
 人は一人じゃ生きていけないし、二人で生きて生きたいと思ったから結婚したり、一緒になったはず。だったら、相手を頼るのも、時にはいいのではないのでしょうか?

 頼れることと頼れないことがある!と思うかもしれないけれども、家事は毎日のこと。じゃあ、毎日、家のことに関しては相手に何も頼れないの?と私は思ってしまいます。いつも頑張っているのはしんどくないですか?息抜きしたいときはありませんか?

 私は毎日のことだからこそ、お互いが快適に暮らせるようにしたい。
 そして、長い目で見て、一緒に「生きる力」をつけて、「人を育てることを学んで」「自分も成長」できるとしたら、それは素晴らしいことじゃないですか、と私は思います。
 今の気持ちを引きずったままより、その方が、二人の老後が明るいように思いませんか?

 旦那さんは奥さんが思うほど、そんなに考えてはいないと思うし、深刻なこと、重要なことと捕らえていないように思います。自分でモヤモヤ考えるよりも、とりあえず言ってみることから、1歩踏み出す。そこから次の手段を考える。そうやってその家の方法を探していけばいいだけだと思います。
 「手伝って」と言えない奥さん。「手伝おうか」と言えない旦那さん。
 そんな二人でもいいじゃないですか。

 ヘルプを出す必要がない、お互いに不満がない というのは別ですけどね。


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]