忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 はっきり言って奥さんは大変です。家事に育児に仕事に 近所づきあいもしなきゃいけないし、買い物もしなきゃいけない。自分も磨かなきゃいけないし、人の世話までやいていないといけない。
 でも、旦那さんも同じように大変です。男社会の中での仕事、家族のご機嫌とり、一家の大黒柱としての責任、親族との付き合いのまとめ役。

 そんなこといったら 私も働いているから大変!お姑さんとうまくやれるようにしているのは私のおかげじゃない! と思っていても仕方ありません。
 大変合戦をしていてもしょうがないのです。

 それよりは、相手がどのくらい大変なのかを思いやり、気遣ってあげるほうが、よっぽどいいのではないでしょうか?そして、自分のことを考えてほしい、というより先に、相手のことを考えてあげること、そのことが大事だと思います。
 「私は」「私は」と思う気持ちもわかるけれども、でも、相手はあなたのことを考えてくれる余裕が今あるでしょうか?そして相手は今何が大変で、何が息抜きになっていて、全部をあなたは知っていますか?全部をあなたが知らないように、相手もあなたのことをわかりません。何も言わないでわかってほしい、というのはコミュニケーションが違っています。

 じゃあどうするか、ですが、お互いの思っていること、やっていることを共有する。です。相手のことを知らないと、相手を認めたり、許したりすることは難しい。会話の多い夫婦は共有できている情報が多いので、相手のことを認め、許すことができます。
 そしてそのことから、相手を知ろうとし、労わることができます。
 夫婦がうまくいっているときは、いろいろなことを話していませんか?
 今日はね、こういうことがあってね、とか、上司からこんなこといわれてムカついた、とか、今週は何しようか?とか。

 何で私ばっかり旦那のことを考えてやらなきゃいけないの?旦那は何にも考えないでいるくせに!
 今のまま変わらなくていいと思っているのならば、そう思ったままでもいいと思いますよ、私は。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]