忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[55]  [54]  [53]  [51]  [50]  [52]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この言葉が出てくると、必ず思い出すことがある。
私は知らなくていい価値観を知っているし、経験している。

私の友達には家族が円満でない人も多い。
長く付き合っている人ほど、その傾向がある。
今まで付き合った人に関して言えば、今の夫以外、みんな何かあった。
親が離婚している人、母親がアルコール中毒になっている人、父親が何年間も家に帰ってこなかった人、親がご飯を作ってくれないから毎日コンビニ弁当を食べている人 ・・・

今の世の中ではそんなに珍しいことではないのかもしれない。
けれども、私の年代、そんなに多いことではなかった。

--------------------------------------------------------

私も、その人たちも、家庭でそういう思いをしてきた人は何となくわかる。会っただけでも。
話をしているうちに、「あぁ、やっぱり」と思ったことが何度もあった。

そして、言葉で語らなくても分かり合える感情を持っている。
そして、人に半質的にはなつかないのに、なぜか寄り添えるものがある。

家族の話はめったに出てこない。
けれども、長い間生活し、自分の根底にあるものが何となく分かり合えるからか、そういう経験をしていない人には説明してもわかってもらえない感情を知っているからか、多くを語らなくてもわかってもらえる。

そう、自分の根底にあるもの、普通ということが成り立たない世界があること、最後は自分しかいないこと、そういう人たちはしっかり見てきている。

一緒にいるだけで、心地よかった。

----------------------------------------

私はいまだに結婚を許してもらっているわけではない。
それを「両親に反対された知人は実力行使して幸せつかんでいるし、孫がまた幸せ運んでくれると思います。頑張って」といってくれた人がいたけど、そうじゃない。

何が違うの?
と言われて、わからない人にはわからないままでいい。
そういうことじゃないんだよ。
それが何を意味しているのか、私がどんな気持ちでいるのか。

家族が円満でない人と話していて、みんなが共通して言うこと。
「わかってもらえないんだから、わかってもらわなくていい。そういう思いをした人しかわからない感情だから。」と。
(結婚のことではなく、すべてのことで)

そういうことを口に出さない妹も、ちゃんとそのことをわかっていた。

------------------------

そして、やりたいことをできる人は、その環境にあるということに感謝すべきだ。
自分だけの力ではないことに。
それはお金といった単純なものだけでなく、その環境にあるということに。
「自分がやりたいから」と言う言葉だけでやるのではなく。

私は泣いて説得しても「ダメ」と言われることが数々あった。
というより、「いいよ」と言ってもらえたことのほうが少なかった。
「お母さんと暮らしたい」と言ったときだけが、理由を聞かれなかったかもしれない・・・

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< HOME 産婦人科 >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]