忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いいのか悪いのかは別として、私は愚痴を言わないようにしているつもりだ。

まあ実際は言える相手がいない、ということもあるのかもしれないが。
たぶん、大事なことに関しては、夫にも言わないだろう。
ノート(雑記帳)か日記か、ブログにちょっと書きながら、自分なりの出口を見つけていくことのほうが多い。

けれども、それは時として、自分の逃げ場をなくしてしまったり、
うまくいってるのね。と誤解を生むことにもなる。
本当は違うのに、だ。

夫婦のことにしても、
「え?けんかするの?」とよく言われる。
まあ、その人も喧嘩しない夫婦はいないと思ってはいるのだろうけど。

実際、よくやってくれているとは思う。
けれども、本当に満足できているかといわれれば、それは求める基準があり、それを相手のキャパシティに照らし合わせると求めていけない場合もあるだろう。
それと、できるできないの問題ではなく、気持ちの問題の場合もあるだろう。

---------------------------

私は大抵「怒る」という感情より、「諦め」の感情のほうが先にくることが多い。
言っても仕方ないな、と。
それは上記も含め、いろいろな意味で。

だからか、最初から求めないようにしているつもりだ。
そうすれば嫌な思いを最小限にできるから。
けれども、それが逃げだということもわかっているけど。

それもあって、「愚痴を言っても仕方ないな」につながっているのかもしれない。
愚痴を言っても何かが変わるわけではないから。
場合によって、自分が少し楽になるだけだ。
(私の場合、言っている自分が嫌になるときのほうが多いが…)

その結果、どんどん自立するようになり、個人を確立していくことになったんだろう。
(自己分析?)
結局は自分にかかってくることだから。
相手にやってもらう場合でも、頼る場合でも。
人のせいにしていても仕方ない。

-----------------------------------------------------------------

最初に戻って、

けれども、誤解しないでほしいのは、すべてがうまくいっているわけではないということ。
まあ、これは我が家のことだけではないけれども。

外では揚々と仕事と育児をこなしているように思われても、
夫の趣味を容認しているように思われても、
実際は違うと言うこと。

「いいお父さん」と思われることは 私自身もうれしかったけれども、
その演出をしすぎたことを少し後悔。

準備があってこそ、実行の場がある。
それは当たり前のこと。

今少し何かをしたからといって、それがすべてではないこと。
今までの過去、家庭に割いた時間の差異があること。
「今」がすべてではない。

もちろん、やってもらっていることはありがたいと思うし、当たり前だとも思っていない。

-----------------------------------

実際はそんなに甘いものじゃない。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]