忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人事をやっていたときも、プライベートでも、よく思うこと。
「女子だからって言われるけど・・・」とか、「女なのに」とか言う人は、自分を性別によって特別扱いしてもらいたいことが多い。
特別視してほしくない、というそぶりを見せながら、本心は違うところにあるのだ。(と私は見ている。まあ、深層心理の一種ですね、はい)

----------------------------------------

前にも書いたことがあると思うけれども、
「女だからって仕事を分けないでほしい」と言っているけれども、都合のいいときに「女」を武器にしていませんか?

あまり女の子がやるようなことでないことをしている場合、「みんなは女の子だからって言うけどさ~」みたいなことを言っていませんか?意識していませんか?

そういう発言をしていること事態が、自分で自分を「女」と意識し、意識してもらいたいという表現の現われなのだと思う。

それが悪いことだとは言わないけれども、私が思うに、
「だから何?」だ。

あまりいい例ではないが、私は大型バイクに乗る。
身長も低いし、体格もそれほどよくないから、自分から言わない限り、乗るように思われないことがほとんどだ。
そして、乗っているバイクもバイクだから、もしかしたら日本で女の子で乗っているのは1人かもしれない(それはちょっと言いすぎか?)
でも、だから何?なのだ。

------------------------------------------------------------

好きなことをやってて、危険が伴うことがあるかもしれないけど、そこに「女」は関係ない。
「男」でも、怖いことは怖い。
ただ、やっている人が「女」よりちょっと多いというだけだ。
ちょっと「女」より「男」のほうが身体能力が優れているだけだ。

怖いなら怖い。
そこに性別は関係ない。
楽しいなら楽しい。
そう思うことに性別が関係ないことと同じように。

-------------------------------------------

そして、同じことが仕事でもいえるだろう。
嫌なことは嫌。
やりたいことはやりたい。

男女によって得意なことや特性は違うだろうけれども、感情によるものさしは判断の基準にはならないと私は思う。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]