忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は昨夜 子供のおかげで眠りが浅く、すごく気持ち悪い。
夕方、いろいろ行かなければいけないところがあるのだけれども、ちょっと厳しい。
けど、今日行かないと、いつ行けるかわからないので行かないと・・・

今日はサーバーの調子もイマイチ。
(単純にパソコンの調子が悪いのか?)
結構イライラする・・・

仕事もしているんだかしていないんだか、何かを生み出しているのかいないんだか、いまいちわからない仕事ばかり。
いいのか?これで。

とりあえず、当面、出張はやめようと思います・・・

-----------------------------------------------------

理想と現実、違うことは誰でもわかっている。
でも、それを本当に感じていないのは、一番感じてほしい人である公務員が、感じていないことが多い。

公務員全員がそうだとは言っていない。
ただ、一般市民の生活を、実態を、感じれない人が多いように思う。

それは興味がないからか、
理想の姿になっていると信じているからか・・・
思っていても、それを認めてはいけない何かがあるからか?

子育て1つとっても、法が整備されても、企業の環境は変わらない。
法がこうなっているから、といくら説明されても、それは理想。

助けてくれるサービスはいっぱいあるでしょ?って言われても、どこに?
サービスはいつでも使えるわけではない。
使えるものは用途が限られている。
誰でも使えるわけではない。
本当に利用したいときのサービスは、まだまだ少ない。(もしくは ない)
そして、利用するにはお金がかかる。
そして、それは高額なことがほとんどだということを知らない。

環境が整っていないのに、
どうにもならない中でやっていくしかないのに、
法はこうだから!と1つのことを押し付けられても困る。

誰も迎えに行くことができなくて、
休暇明け(しかも予定日に出社できずに延長した後)に派遣された会社で 呼び出しが来ても抜けれなくて、
いつも速度を守って走っている車はないし、パトカーさえも速度違反している道で
たまたま運が悪かったと思うしかないんだろうか?と。

急いで行くことのほかに、どんな手段があるのか、教えてもらいたい。
保育士は医者に連れて行ってはくれません。(←知らなかったようですが)

なんだかなぁ・・・
と思うこのごろです。

裁判官の判決、録音しておきたい。

------------------------------------------------

他にも、速度を要求される特許申請に、申請用紙の印押しに3ヶ月もかかるところがどこにある?
民間ならありえない。
今日官庁に行った上司があきれていた。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]