忍者ブログ
「子育ては一大事業である。だが、いまだかつてその適性検査が行われたことは無い」 (バーナード・ショー)
[88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お腹すいて、でもあまりに具合悪くてごはん作る気にもなれず、お昼ご飯をどうしようかと思った結果、近くのお店まで食べに行った。
(夫と子供は外出)

よく行くお店だから年下のマスターとも顔見知り。
恋愛話とかもよくする。
彼は今新しい恋愛を楽しみ中。いいな~

いろんな話をしていて、家族の話になった。
「最近、離婚しちゃうカップル、多いんですよ(春までに知っているだけで3件)」って。
「子供ができたのがわかった途端、逃げちゃう旦那さんとか」って。

----------------------------------

最近は妊娠後期になって寝れない間、ちょっと考えてみた。
なんで逃げちゃうんだろう。って。

責任の重さ?
奥さんが自分だけのものでなくなるから?

私がそのときに思ったのは、「女は変わらなければいけないけど、男はそうでない」ということ。

女は妊娠したときから、生活を変えることを余儀なくされる。
タバコを吸っていたらやめなければいけないし、仕事についても辞めるのか続けるのか考えないといけない。
お腹が大きくなるにつれ自分のしたいことはできなくなるし、赤ちゃんが生まれればなおのこと。
今までと同じ友達付き合いは なくならないまでも減るだろうし、自分の時間も制限される。
エステにも行けないし、ショッピングにもいけない、飲みに行くなんてなおのこと。

でも、男の人はどうだろう?
極端なことを言えば、何も変わらなくても「父」になれる。
タバコを吸うことも、朝まで飲みに行くことも、ゴルフに行くことも 何も我慢しなくても父になれる。
今までの生活を変えることなく、家族が増えることだけを喜ぶことができる。
女はもしかしたら命と引き換えにすることもあるかもしれないのに。
(これは大げさだけど)

---------------------

私は妊娠が体質にあわないのか、もろもろの不調が出る。
消して妊娠中、スムーズ 調子いい ということはない。
安静の指示も出たまま。

今までと同じでは無理なこと、自分が一番わかってる。
諦めじゃなくて、できることを楽しむことが大事なこと。できる方法を探すこと。

今までと同じことができなくて、夫にさせてあげれなくてお互いが嫌な思いをするなら、入院でもしたほうがいっそのこと、諦めがつくのかな・・・と思う。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[06/01 かめ]
[05/16 ぶろぐひろば]
[05/07 風音]
[05/06 kazu]
アクセスカウンタ
2008.4.10設置
アクセス解析
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]